雹害車は買取は困難か

自然による影響は、車の買取金額を左右するケースがあります。その一例は、雹害です。「ひょうがい」と読みます。

 

気象状況によっては、たまに氷の塊が降ってくる事がありますね。それが雹です。

 

そして運悪く車にそれが当たってしまうと、大変です。車のあちらこちらに窪みが付いてしまうからです。車をぶつけたのと、似た状態になってしまいます。車によっては、数百箇所に対して雹の痛々しい跡が付いてしまっているケースもあるそうです。

 

そして雹害車はいわゆる事故者と同じような扱いになりますので、買取金額は下がります。業者によっては、雹害車は買取をお断りされてしまうケースもあるそうです。ですので雹害に遭遇した車のオーナーの方は、本当に不運なのですが。となる雹害車は、諦めるしか無いのでしょうか。

 

そうとは限りません。まず雹害というのは、そもそも自動車保険の適用になるケースがあるのです。そのような被害に遭ったら、車を修理する事になりますね。それは保険が下りるそうなのです。ですので車の保険に加入しているのでしたら、保険会社にその旨を相談してみると良いでしょう。

 

では保険に加入していない方の場合は諦めるしか無いかというと、そうでもありません。というのも業者によっては、そのような車でも買い取ってくれるケースがあるそうです。いわゆる事故車の買い取りを行っている業者でしたら、売却できる場合があります。

 

それと廃車にしてみると、案外と高めに買い取られる事例もあるそうです。というのも、中には雹害に遭った中古車でも買いたいと考えている顧客がいらっしゃるそうなのです。買い手が居る以上は、業者としては雹害車を買い取っても元が取れる訳ですね。
モビリオ 買取

 

ですので雹害に遭ったとしても、色々と業者を探してみるのが良いと思います。