車査定前の掃除は無難な所のみ行う

車の高額査定の為には、掃除をするのも1つの方法ではあります。確かに掃除をしておくと、査定士に対する印象は良くなると思いますね。ただ私は個人的には、「全て」の箇所を掃除する必要はないと思います。というのも掃除のやり方によっては、逆に査定額をダウンさせてしまう可能性があるからです。

 

ありがちなのは、掃除によって車に対して傷が付いてしまったという事例ですね。車に付いている傷は、買取金額には影響を及ぼします。やはり全く傷が付いていない車の方が、買取金額は高めになるでしょう。ですので掃除をしてしまいますと、却って車の売却額を下げてしまう可能性がある訳です。

 

ですので傷が発生しやすい箇所に対しては、むしろ掃除をしない方が良いと思います。デリケートな部分は、掃除をしないのが無難です。基本的に車の内部はデリケートな事が多いので、敢えて触れない方が良いかもしれません。

 

それと掃除は、そもそも大幅に買取金額をアップさせるものでもありません。多少の汚れ程度であれば、それほど影響を及ぼさない事も多いです。ですので傷が付きづらい箇所をそのまま放置しておいても、それほど大きく金額がダウンする事もないと思います。むしろ掃除は買取業者にお任せをするのも一法ですね。

 

逆に洗車は問題無いと思います。確かに洗車は、車に対して傷が付く可能性もあります。洗車傷というのは、車の査定金額をダウンする可能性もありますね。

 

とはいえ1回程度の洗車であれば、傷が付く可能性は低いと思うのです。ですので査定当日に洗車を行っておく分には、特に問題ないでしょう。
つまり車の内装はデリケートなので掃除は控えた方が良いと思いますが、外装の掃除は特に問題ないと思う次第です。